保険の見直しを行う際の心得とは

最近、テレビコマーシャルや雑誌などで、「保険の見直しを無料で行います」といった、保険の無料窓口の広告をよく目にします。「無料といいながら、相談したからには、なにかしら別の契約をしないと、帰ることができないんじゃないの」などと想像する方もいらっしゃると思いますが、そんなことはありません。

この保険の窓口ので行われることは、あくまでもファイナンシャルプランナーの「相談者の加入している保険が、相談者のライフスタイルに合った適正なものになっているか」といった、中立的立場でも診断です。

たしかに、別の商品を紹介されることもありますが、それは、あくまでも、今加入しているものより、相談者にとってベストだと、プロの目線で判断したものをおすすめしているにすぎないのです。


気に入らなければ、断ればいいだけですし、断ったからといって、それ以上強くすすめられたり、帰れなくなったりするようなことはありません。

この保険の無料相談窓口を利用する際、必ず持参するよう指定されるのが「現在加入している保険の証券」です。
通常の場合、それ以上の準備を求められることはありませんが、特に指定されなくても、相談にいく前に、準備をしておいた方がよいことがいくつかあります。

それは、「自分自身の家庭の収支」と、「自分自身と家族の大まかなライフヴィジョン」について、大まかに把握しておくことです。
というのも、保険の見直しを行う際、ファイナンシャルプランナーは「将来的にいくら必要なのか」「どういった補償が必要とされるのか」といった観点から、現在の保険が適正かどうかを判断していくため、必ずそういったことについて確認をされることになるからです。

ここで、「わからないから」と適当な返答をしてしまうと、正しい保険の見直しが行えないことになってしまいます。

さらに、注意しておいた方がいいこととしては、「相談には時間に余裕をもっていくこと」です。

1回最低2時間は必要になりますし、場合によっては、再度の来店を求められることもあります。

https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_guide.html
http://www.police.pref.chiba.jp/trouble/newest/
http://www.ysh.or.jp/







社会保険のアウトソーシング選びであなたの手助けをします。



Copyright (C) 2014 保険の見直しを行う際の心得とは All Rights Reserved.